銀のスプーンを舐めると…?

誰もが気になる口臭の事、一度は自分の息は臭いのでは・・・と気にしたことがあるはずです。
只、なかなか人には聞けないというのが問題です。
実際に、ある調査で不快に感じることの第一位を占めていました。

 

 

口臭を予防するには、歯磨きそれに原因となる歯垢や歯周病、胃腸の病気を病気を治すことだといわれています。
よく寝起きの時や緊張した時、空腹を感じた時などに口臭を強く感じるのは、このためです。
又、口の臭いを防ぐには「だ液」が重要な役割をしているとのことなので、梅干やレモンなど酸っぱいものを浮かべると良いようです。

 

 

その他に口臭の原因となりやすいのはアルコールなどの飲酒によるものです。
アルコールの利尿作用で体の水分が少なくなり、口中の細菌が増え、血液中にも老廃物がどんどんたまってきます。

 

 

因みに飲酒での口臭予防対策として、銀のスプーンを舐めるという方法があります。
口臭の原因物質は揮発性硫黄化合物といって、不快なニオイを発生させる元になっています。
硫黄というのは、温泉が有名ですが、シルバーのネックレスをしていると黒くなってしまいます。

 

 

これと同じで口臭の原因である揮発性硫黄化合物がシルバーのスプーンと反応し、違う物質に変化するという作用があります。
但し、実際に食事中にスプーンを舐めていたら変な人と思われてしまいますので、目立たないように舐めるようにしましょう。

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — kou 4:16 PM