病気の場合の口臭

口臭には様々な種類があります。
生理的口臭、病的口臭、飲食物による口臭、心理的口臭などです。
生理的口臭は、寝起きの状態やストレスが溜まった時、空腹時などに臭うもので、誰にでもある生理的なものです。
飲食物によるものは、ニンニクを食べたり、タバコを吸った後に発生する口臭、心理的口臭とはストレスやトラウマが原因で実際にはない筈の口臭が気になってしまうものです。
これらは自然に消えるものが殆どですので改善は容易ですが、病的な口臭は治療を要する場合があります。
口内のケアも勿論大事ですが、蓄膿症が原因となっている場合があります。
蓄膿症は鼻の奥に膿が溜まり、詰まったり黄色く粘り気のある鼻水が出る等の症状が見られます。耳鼻科にかかることが必要ですが、虫歯、歯周病が原因になっている場合もありますので、歯科での検査を受けることもおすすめします。
また、胃腸が荒れている場合もあり、胃からくる口臭は硫黄の様な臭い(ゆで卵が腐ったような臭い)や沢庵の様な臭いなど、独特な不快さを伴う臭いがします。
口臭が胃から来ている場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などの治療、またはピロリ菌の除去をすることが効果的です。
ピロリ菌の除去は抗生物質の服用で簡単に行うことができます。飲食物から感染しやすい為、日頃から衛生状態を気に留める様にすることで予防も可能でしょう。
その他の予防としては、よくか噛んで食事をし唾液の分泌を促すこと、まめな歯磨きやうがいなど口内の環境を整えることが挙げられます。
また、睡眠不足やストレス、不規則な食生活も大きく影響しますので、しっかりと心身共に休息する時間を取り、栄養を考えて暴飲暴食を避けることも大切です

Filed under: 未分類 — kou 4:13 PM