食べ物が原因の場合の口臭

ネギやニラ、ニンニクなど、匂いの強い食品が原因の口臭は、歯を磨いただけでは改善されません。これらの食べ物の匂いの元は、アリシンという物質です。これは、アリインという細胞が変化してできます。どのようにして、アリシンになるのかというと、調理の際に切断されたり、食べる際に歯で噛むことで酵素に触れると匂いを発するアリシンに変化します。なので、口内だけが匂いの原因ではなく、もっと奥の胃が匂いの元になります。

 
よって、口臭の対策をするなら、歯磨きだけではなく、食前食後に牛乳や、お茶、りんごジュースを飲むようにしましょう。牛乳は、食前や食間に飲むと匂いの原因にコーティングされ消臭効果が大きいです。お茶は、できれば緑茶を飲んでください。緑茶に含まれるポリフェノールには、匂い成分と結合したり中和する働きがあり、殺菌作用もあるので、消臭につながります。りんごのりんごポリフェノールは、口臭の主な原因となるメチルメルカプタンを抑制する作用があります。その他に、柿や梅干し、レモンなども消臭効果がある食品です。

 
ただし、これらはいつ飲んでも効果を発揮するわけではありません。消化が始まる前、食後30分以内に飲むようにしてください。

 

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — kou 4:13 PM