口臭の原因を理解しよう

口臭は人と接するときもっとも気をつけたい臭いです。
気にならない程度の臭いが普通とされています。
だからこそ匂いがしてしまうとその人のイメージが下がってしまうものです。
特に寝起きが臭くなることが多いです。

 
臭いが発してしまう原因は寝ている間に唾液の量が減ってしまい、細菌の働きを抑制することができないためです。
前の日にお酒を飲みすぎたり臭いがきついものを食べたるすると次の日の朝に臭う可能性は高くなります。
寝起きの匂い予防は一番は歯磨きであり、歯を一本一本丁寧に磨くことはもちろん舌も歯ブラシで軽く洗うことで定期的に綺麗にすることが重要です。

 
また歯磨きが終わった後はコップ1杯の水を飲み、朝食はよく噛んで唾液の分泌を促進するといいと言われています。
臭いを防ぐ働きがあるシナモン、梅干、レモン、レタス、パセリなどを意識して摂取するのもいいとされています。
また口が臭う場合は歯周病や内臓疾患が疑われる場合もあります。
いろいろな臭い対策をしても口の臭いが気になった場合は病院に行って検査をすることが望ましいです。
口が臭っている場合、自分では気づくことができず人に言われて初めて自分の口が臭っていると気づく人もいます。

 

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — kou 4:13 PM