生活習慣が原因の場合の口臭

現在、口臭で悩んでいる方が増えているといいます。
口臭とは口から発する悪臭のことを言いますが、この口臭は歯周病や虫歯、体調不良などさまざまな原因があります。
疾患や体調不良でも口臭の原因になってしまいます。

 

 

口臭は唾液の殺菌力によってにおいが防がれています。
唾液にはリゾチームという酵素が含まれていて、細菌を破壊する作用があります。
多少の細菌は死なずに残っていますが、唾液が十分に分泌されていれば体内に飲み込んでしまい、胃酸によって消滅するのです。
ですから唾液が減っている朝や、緊張したり空腹時などの口が渇いている状態に口臭が発生するのです。

 

 

口臭を悪化させるもっとも危険な要因は食生活などの生活習慣です。
朝食を抜く方は多いと思いますが、これは唾液の分泌が進みにくくなるので、危険な状態になります。
朝ごはんに限らず食事の時間がバラバラだと、唾液の分泌量にバラつきが出てしまい、口臭の原因になってしまうのです。
また過度のアルコール摂取や喫煙も適量を超えている場合は口臭や体臭に影響が出てしまいます。

 

 

これらを解消できる一番簡単な方法が歯磨きです。
歯磨きは口の中の細菌を少なくしてくれますし、携帯できて手軽に始められる方法です。
食事のあとも大事ですが、自分で口が渇いてきていると感じた時は気軽に歯磨きをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

Filed under: 未分類 — kou 4:14 PM